株式会社ガイアパワー

GAIA POWER Co,. Ltd

メニューボタン

地球にやさしいそして美しい発電とは何か?

地球にやさしく、そして美しい発電。
この問題に真剣に取組む人々とともに従来に無い手法でチャレンジする。
これがガイアパワーの基本姿勢。

傾斜地を攻略する

ガイアパワーが取組む「自然エネルギー発電」
発電に至るプロセスには、様々な技術が存在します。
世界でも珍しい4脚の重機「スパイダーマシン」。
新しいチェレンジには苦しみと笑顔があります。

100年後の子供たちに青い地球を

誰かが、この地球環境を守るために行動を起こす必要がある。
これがガイアパワーがこの世に生まれた最大の理由です。
この小さな試みが、世界に向けて広がっていく。
そのシーンを私どもメンバーそれぞれが胸に抱いています。

竹で電気を起こす

竹は世界で最も成長の速い植物。これを発電の材料にする。
これには、様々な課題が横たわっています。
技術的な要素は元より「地域と一緒になり価値をつくる」
この姿勢が何よりも重要であると考えています。

水の上に発電所を

農業文化と共に生きていく。
フロート技術を農業用水池に採用して建設した自社発電所。
架台が遮蔽物となって熱蒸発を抑えたり、藻の発生を防ぎ、
水質の維持につながると期待されています。

「面白い」と感じられるソリューションは、
エンジニアリングパワー × 人 × チャレンジでうまれる。

ガイアパワーの問題解決方法は
グループ会社の藤崎電機の伝統
「エンジニアリングパワー」に支えられています。
チャレンジする人の力を核に
自然発電エネルギーを未来につないでいきます。

100年後の子供たちに青い地球を

News release

ニュースリリース

  • 2018/04/20

    GW休業についてのお知らせ

    平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、2018年5月3日(木)~2017年5月6日(日)まで、 ゴールデンウィークの休業期間とさせていただきます。 ご不便ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い致します。 ※休業中のお問い合わせにつきましては、2017年5月7日(月)以降に対応させていただきます。
  • 2018/03/28

    「農山漁村再生可能エネルギー法」を用いた取り組みについて

    平素は格別のお引き立てを賜り、誠に有難うございます。 弊社の連結発電所である長生三倉第一および第二発電所では、 徳島県で初となる「農山漁村再生可能エネルギー法」を用いた 「農林漁業の健全な発展に資する取り組み」を行っております。   耕作放棄地状態であった計画地の景観整備の一環として 川沿いに50本の桜(ソメイヨシノ)を植栽しました。 また、川の保全として発電所に隣接する川の護岸整備も行
  • 2018/03/26

    美馬ソーラーバレイ発電所周辺の地域清掃活動を実施しました

    2018年3月20日、美馬ソーラーバレイ(所在地:徳島県美馬市)周辺の清掃活動を実施しました。 美馬ソーラーバレイ株式会社関係者5名、弊社社員8名が参加し、総勢13名で主に発電所付近の道路のゴミ拾いを行いました。 雨が降る中での作業でしたが、多くのゴミを収集することができました。 当社は引き続き、これらの活動を通して企業市民として社会貢献してまいります。   詳しくは、こちらをご覧くださ
  • 2018/03/05

    「第9回 太陽光発電システム施工展」に親会社の藤崎電機㈱が出展致しました

    2018年2月28日(水)〜3月2日(金)東京ビッグサイトで開催された 「第9回 太陽光発電システム施工展」に 親会社の藤崎電機㈱が出展致しました。   詳しくは、こちらをご覧ください。
  • 2018/02/26

    英語版ホームページの開設について

    平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 弊社では2月26日より英語版ホームページを開設しましたのでお知らせ致します。 英語版のサイトへは、日本語版トップメニュー右上の「English」をクリックいただきますとご覧いただけます。 今後とも多くの皆さまにご利用いただけるよう、日本語版と同様に内容の充実を図ってまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

ガイアパワーの
自然エネルギー発電事例

  • 美しさへのチャレンジ
  • 我が町の発電所 市民ファンドへの取り組み
  • 水上のソーラー発電所
  • 河川敷にもソーラー発電を
  • 河川敷にもソーラー発電を
  • 戦後の開拓地へメガソーラーを

ガイアパワーの人の力

ガイアパワーの会社概要

  • 代表の挨拶
  • メッセージ
  • ガイアパワーの歴史
  • 会社概要
閉じる
English
Close
日本語